« 大沼周辺 2005/10/29 | トップページ | 伊豆沼 2005/10/30 »

2005/11/04

南沿岸 2005/10/29

14:30 雨

 大沼周辺をチェックした後,県南の海岸に向かった。まだ時期が早いと思いつつ,カモメ類など海鳥の飛来状況をチェックしたかった。磯浜漁港,釣師浜漁港,松川浦漁港とその周辺だ。釣師浜や松川浦は宮城県ではなく福島県だが,地域が一体なので一緒にすることにした。

 磯浜漁港は港内にウミネコの群れが浮かんでいただけで何もいなかった。シロチドリもミユビシギもハジロカイツブリもアカエリカイツブリも,もちろんクロガモやビロキンなどもな~んもいなかった。

_051029__0330  磯浜漁港を南に下ると「海の見えるレストラン」がある。この海岸(釣師浜というのだろうか?)は県内で最もカモメ類が多いところのひとつだ。この日もたくさん集まって羽を休めていた。しか~し,いたのはウミネコ,オオセグロのみ。セグロが1羽混ざっていただけだった。ユリカモメ,カモメなど小型カモメはいなかった。ワシやシロも見つけられなかった。

_051029__00030 しょうがないのでオオセグロカモメの撮影などをしていたが,欠伸(?)した画像をアップしてみたら面白いことに気付いた。下あごと舌の関係に注目して欲しい。体に直結しているのはクチバシではなく舌のように見える。そもそも鳥類の舌ってどんな役割をしているのだろう? 海鳥に限って考えると,第二の下クチバシ代わりに使っているように思える。想像だが,ウトウなど口に沢山魚をくわえられるのは,下クチバシと舌の連携なのではないだろうか? ところで,鳥って味を感じているのだろうか?

 釣師浜漁港のカモメ類も同じような構成だった。港内にスズガモやハジロカイツブリ,ミユビシギなどが居つく所だが,まだ姿が見えなかった。松川浦漁港も盛期になるとカモメ類が面白いところだが,まだ少なかった。

【観察できた鳥】

ウミネコ,ヒヨドリ,ハクセキレイ,ウミウ,オオセグロカモメ,セグロカモメ,ハマシギ,コサギ,ユリカモメ,トビ (10種)

【写真】(左から,セグロカモメ,オオセグロカモメ,ウミネコ,ユリカモメ)

_051029__00019 _051029__00025 _051029__00040 _051029__0341

« 大沼周辺 2005/10/29 | トップページ | 伊豆沼 2005/10/30 »

0514 宮城県/南沿岸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南沿岸 2005/10/29:

« 大沼周辺 2005/10/29 | トップページ | 伊豆沼 2005/10/30 »