« 蒲生 2005/10/29 | トップページ | 南沿岸 2005/10/29 »

2005/11/01

大沼周辺 2005/10/29

11:30 曇り

 蒲生を一回りした後,赤沼,大沼とその周辺を覗いてみた。沼の中のハクチョウ,カモ類と周辺田んぼの猛禽のチェックだ。

_051029__0250  最初赤沼に行こうと田んぼの農道を進んでいたら,すぐ脇のガードレールにノスリがとまっていた。近くに来るまで全く気付かなかった。飛んですぐ近くにまたとまった。こちらにも来ていたのか。あわててカメラを取り出し車内から撮影したが,私が行く方向に飛んではとまり,飛んではとまりしていたので追いかけっこのようになってしまった。

_051029__09933 _051029__09912  赤沼にはコガモやカルガモが一杯だったが,アオアシシギとツルシギもまだいた。重なり合うように固まって寝ていた。ここはフェンスネットがあるので,デジスコでは金網越しの撮影になる。左の写真はツルシギがバランスを崩して転びそう(?)になったときのものだ。おっとっと,と言っている。右は目付き悪く,フフ・・,と不適な笑みを浮かべているアオアシシギだ。

_051029__0280  大沼は,この日,いつもの西側餌場にカモ類は少なくって,南西側の公園整備された方に多かった。南側から観察したことがなかったので新鮮だった。今季はここからの観察も多くなるかもしれない。オナガガモが多く,コハクチョウが入っていた。ヒドリガモがいたかどうか忘れたが,フィールドノートにメモしていないのでいなかったかもしれない。蒲生に多かったのにここにいなかったのは不思議だ。ホシハジロは数羽いた。

_051029__09984  大沼周辺を流したら,カラスの群れが田んぼに入っているのが見えた。近くにいる数羽を見たらハシボソガラスだった。ミヤマガラスでなかったのか,とガッカリして奥の方を再確認したら,今度はクチバシの白いハシボソガラスがいた。泥で汚れたのかと思っていたら,他にもいる。ミヤマガラスだった。何とも紛らわしい。

 ここはチョウゲンボウやコチョウゲンボウなども来るところなので,探してみたがなかなか見つからず,ようやくチョウゲンボウ1羽のみ見つけることができた。カラスに追いかけられている所だった。

 県道亘理荒浜線と荒浜海水浴場に行く道の交差点付近に,「まどか荒浜」という和菓子屋ができた。この日は黒糖まんじゅうと豆大福を買った。おいしかった。軽食も出しているようだ。この付近に来たらまた寄ってみたい所だ。知的障害者の通所施設のようだ。

 サーっと流しただけでじっくり見なかったので見逃しが沢山あると思うが,ここでもアマサギたちは見かけなかった。ホントにいなくなったのだろうか。

【観察できた鳥】

ハシブトガラス,ノスリ,トビ,スズメ,カルガモ,コガモ,アオサギ,コサギ,コガモ,ツルシギ,アオアシシギ,モズ,オナガガモ,ハクセキレイ,ヒヨドリ,ホシハジロ,コハクチョウ,ヒバリ,ミヤマガラス,キジバト,ムクドリ,チョウゲンボウ (22種)

【写真】

(本文に掲載した以外は省略)

« 蒲生 2005/10/29 | トップページ | 南沿岸 2005/10/29 »

0510 宮城県/大沼周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大沼周辺 2005/10/29:

« 蒲生 2005/10/29 | トップページ | 南沿岸 2005/10/29 »