« 蕪栗 2005/09/23 | トップページ | 石巻 2005/09/24 »

2005/09/26

伊豆沼 2005/09/23

06:40 曇り時々雨

 今年はまだシギチにはまっている状態だが,もうそろそろ初雁の時期だ。去年は9月26日,その前は9月15日に初雁を見ている。この三連休中にチェックしなくては。

_050923__0018  まずは獅子ケ鼻に行った。稲刈りが始まる時期には伊豆沼の水位も下がって,干潟が出てくる。タイミングによるがシギチが大当たりするときもある。記憶が定かでないが,昨年はオオハシシギの大きな群れが入っていたような気がする。今回はトウネンの群れがいた。これから良くなってくるかもしれない。近くでモズ♀が盛んに鳴いていた。一昨年は15日にここで初雁を見ているが,残念ながら今回はスカだった。

_050923__0029  堤防の道を通り抜けて,内沼に行った。ちょこっと覗いたら,何とコブハクチョウがいた。くちばしの色や形から幼鳥のようだ。夏に2回ほど来たが,コブハクチョウは見かけたことがない。コブハクチョウは篭脱けが繁殖して北海道ウトナイ湖と茨城県霞ヶ浦を往復しているようだが,その渡りの途中なのだろうか。成鳥ではないので日本生まれの個体ではないか。

_050923__0048  ここには,居残り組のマガモなどがいるが,オナガガモが渡って来ていた。盛期になると踏み潰してしまいそうなほど沢山いるが,まだ数羽しか来ていない。羽もまだ地味だ。雨がひどくなってきたが,シャワーを浴びるように首を上に向けて目をつぶっている個体がいた。とても気持ち良さそうにじっとして雨に打たれていた。

 その後,三工区~二工区,と回ったが雁は見つからず。カギ型を作って飛んでいるので「これは!」と思うとカルちゃんだったりする。残念。カメラのバッテリーを忘れてきて,写真も撮影できなくなったので,一旦家に戻ることにした。

 出直して,蕪栗沼を経由して伊豆沼に戻ったのがもう夕方に近い時間だった。三工区を覗いたがやはりいない。魚類館(だったかな?)の方に向かおうとしながら,何気なく沼を見たら,こちらも干潟が出ていた。コガモの群れに混じってシギチも見える。

_050923__07484  アオアシシギもいるが,それよりずいぶん小さい姿も見える。30倍の接眼レンズでは遠いので,60倍の接眼レンズで確認。コアオアシシギ(写真)だ! 久しぶりのような気がする。ちょこまかと良く動くシギだが,針のような細いくちばしと白い小さな体がとても清楚だ。これは今回の大収穫だった。ツルシギやケリの姿も見える。ケリは今年ずっと三工区にいたが,沼に入っているのを見たのは初めてだった。シギチは結構入っていたが遠かったので撮影できなかった。

 肝心のガン類だが,今回伊豆沼では見つけられなかった。残念。でも,これからぞくぞくとやってくるだろう。

【観察できた鳥】

ハシボソガラス,ホオアカ,アオサギ,ダイサギ,カルガモ,モズ,セグロセキレイ,トウネン,ハシブトガラス,スズメ,コガモ,ジシギsp,オオハクチョウ,コブハクチョウ,オナガガモ,マガモ,オオバン,ヒバリ,トビ,タカブシギ?,シジュウカラ,オオヨシキリ,ハクセキレイ,チュウサギ,キジバト,マガン,キジ,ツルシギ,ケリ,アオアシシギ,コアオアシシギ,ゴイサギ (32種)

※ オオハクチョウ,マガモ,マガンは居残り組。

【写真】(左上から,オナガガモ,キジ×2,キジバト,ゴイサギ,獅子ケ鼻からの風景,チュウサギ,トウネン,モズ,コブハクチョウ)

  _050923__0046 _050923__07462 _050923__07471 _050923__07256 _050923__07496

_050923__0071_050923__07251 _050923__07245 _050923__0024 _050923__0036

« 蕪栗 2005/09/23 | トップページ | 石巻 2005/09/24 »

0501 宮城県/伊豆沼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆沼 2005/09/23:

« 蕪栗 2005/09/23 | トップページ | 石巻 2005/09/24 »