« 伊豆沼 2005/07/09 | トップページ | 亘理 2005/07/10 »

2005/07/14

蒲生 2005/07/10

11:50 曇りのち晴れ

 蒲生の近くにシネコンがある。ここで09:00から上映の「スターウォーズ/エピソード3」を観た。30年前の最初からずっと観ていた私にとって,とてもつらい映画だった。映画館を出てからも色んな思いが交錯した。そんな気持ちを引きずりながら蒲生干潟に向かった。

 さて,蒲生干潟の駐車場はきょうも相変わらずサーファーの車で一杯だ。干潟の中で貝堀などをして遊んでいる家族もあった。雨がぱらぱら落ちてきていたが気になるほどではない。いつものようにカメラも望遠鏡もかついで歩き始めた。蒲生は久しぶりだ。前回はちょうど支部の方々がコアジサシのデコイを設置した日だったのでずいぶん前だ。日和山から全体を見渡した後,養魚場の方から覗くことにした。

_050710__00416   養魚場に行く途中の葦原ではオオヨシキリやコヨシキリが盛んに鳴いている。歩いてジャリジャリするのはアシハラガニを踏み潰した感触だ。うじゃうじゃいるので踏まないで歩くのがむずかしい。気のせいかオオヨシキリが例年より少なめのようだ。コヨシキリ(写真)が葦原の目立つところでさえずっている。ちょうどさえずっている場所に近い土手の草が踏み固められている。この個体は何度も被写体になったかもしれない。踏みならされた場所を利用し,失礼して私も撮影させてもらった。他にも数個体のコヨシキリがいた。

_050710__00534  養魚場の方に行くと,まずカワセミが足元の杭から飛んだ。遠くからアオジ,カッコウ,ウグイスの声が聞こえる。向かって右手の大きな池にはダイサギがいる程度。バンやオオバン,カイツブリ,ヨシゴイなどは見つけられなかった。海苔小屋がある左手の池には,ウミネコ1羽とユリカモメ1羽(写真)がいた。ユリカモメは怪我でもして置いていかれたのだろうか。頭が黒くなかった。他にササゴイもいて,池の端から狙って魚を採っていた。海苔小屋付近ではキジの親子と出会った。子キジは5羽位だったか。

_050710__00489  そうこうしているうちにカッコウ(写真)の声が近くなった。大きな松に止まって鳴いている。3~4羽いるようだ。松の木にとまっている時は木の陰になっていたので,電線で鳴いているところを観察&撮影した。想像していたとおりキジバトタイプの鳴き方で,喉から胸を大きく膨らませてさえずっている。「カッコウ」と鳴くうち最初の「カ」のところでわずかに口を開けるがほとんど口を開かずにさえずっている。今度はジュウイチやホトトギスがさえずっているところもじっくりと観察してみたいものだ。恐らくこちらは目一杯口を開いてさえずっているのではないか。

_050710__00637  日和山に戻ると干潟の奥の杭にミサゴがとまっていた。遠かったが「ミサゴがいる風景」として撮影した。干潟内は人はいるが鳥はウミネコだけだ。導流堤を渡るといつもいるメンバーのホオジロ,ヒバリ,シロチドリがいた。砂浜の真ん中当たりに支部の方々が用意したコアジサシの営巣スペースがあった。残念ながら今年は居つかなかったようだ。デコイがむなしく立っていた。数年後には戻ってくることを祈りたい。張られたロープの中にはシロチドリ(写真)がいた。

【観察できた鳥】

オオヨシキリ,スズメ,コヨシキリ,ダイサギ,ウミネコ,キジ,カッコウ,ツバメ,ウグイス,オナガ,ハシブトガラス,ハシボソガラス,カワセミ,アオジ,コサギ,ユリカモメ,ササゴイ,トビ,キジバト,ハクセキレイ,ミサゴ,ヒバリ,ホオジロ,シロチドリ,シジュウカラ,ヒヨドリ (26種)

【写真】(左上から,アシハラガニ×2,カッコウ,コヨシキリ×2,ササゴイ×2,シロチドリ,ミサゴ,ダイサギ)

_050710__00622 _050710__0005 _050710__00498 _050710__00400 _050710__00406 _050710__00514 _050710__00515 _050710__00647 _050710__00603 050710_00469

« 伊豆沼 2005/07/09 | トップページ | 亘理 2005/07/10 »

0503 宮城県/蒲生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105385/4955516

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲生 2005/07/10:

« 伊豆沼 2005/07/09 | トップページ | 亘理 2005/07/10 »