« 蕪栗 2005/06/11 | トップページ | 広瀬川 2005/06/18 »

2005/06/15

泉ケ岳 2005/06/12

07:30 晴れ

 今季まだ行っていなかった泉ケ岳方面に出かけました。宮床(みやとこ)~ミズバショウ園~少年自然の家周辺~スプリングバレー~朴沢(ほうざわ)と巡りました。今回は昆虫などもターゲットです。カメラにはマクロレンズを付けています。

_050612__00015  宮床では昨年と全く同じ場所でサンコウチョウがさえずって出迎えてくれました。林の中からの声だったので姿はきっと見られません。林道を先に急ぎます。すぐにメジロ(写真)の声。探してみると梢にとまって一所懸命にさえずっています。デジスコ撮影していると,ヒラヒラと白いチョウが目に入りました。ウスバシロチョウです! mayamiさんや大タマムシさんの画像を見てぜひ会いたいと思っていたチョウです。そういえば大タマムシさんがここで撮影していたんでした。感激です。滑空が多い独特の飛び方です。花や草にとまると羽が透けて向こう側がうっすらと見えます。ここは非常に個体数が多く,その後,あちらこちらで見かけました。ダイミョウセセリもあちらこちらで見られました。

_050612__00027  奥の渓流ではカワトンボ狙いです。森と渓流の雰囲気がとても良く湿り気を帯びた冷たい空気が心地よいです。仙台近郊とは思えないような場所(写真)です。カワトンボはなかなか出てくれなかったのですが,粘って2種類のカワトンボを何とか撮影できました。1種類は羽が茶色で根元の一部が透明で全身に白い粉をふいているタイプ。交尾している同じ種類で羽全部が透明のものもいます。姿かたちでオオカワトンボやニシカワトンボと区別できませんが,地域からヒガシカワトンボということにしておきます。また,これよりひと回り大きく羽全体が茶色,全身に金属光沢があるタイプです。こちらはミヤマカワトンボのようです。

_050612__0437  林道に戻って歩き始めたらすぐ近くでノジコ(写真)がさえずっていました。カメラにはマクロレンズが付いていたのでそれでとりあえず撮影しましたが,豆粒のようでした。車までの帰途もウスバシロチョウが多数見られ,交尾しているペアもいました。黒いアゲハも飛んでいましたが,こちらは止まってくれないので撮影できませんでした。ここまででもうお昼になりました。最近出かけると昼食抜きが多かったので,きょうは泉ケ岳の「かつら食堂」でしっかりとラーメンを食べました。ここは大タマムシさんに教えていただいた所でなかなかうまいです。

_050612__0515  ミズバショウ園のミズバショウはすっかり終わっていましたが,ここではシオカラトンボを観察できました。少年自然の家周辺はエゾハルゼミ(写真)が盛んに鳴いていました。お昼過ぎの暑さとあいまってうるさいくらいです。期待していたヒョウモンチョウの仲間は全く見られませんでした。花があまり咲いていなかったのでこれからなのでしょう。そのかわり,サナエトンボの仲間と思われる小さなトンボがいました。小さいのでコサナエか,あたりをつけて調べてみたら当たり,でした。ここでは,タマムシさん親子と会うことができました。もう昆虫採集に取り掛かっているようです。道路を挟んだ反対側の草原には数年前はホオアカやオオジシギが観察できたのですが今回は見られず,でした。時間が遅かったせいでしょうか。

_050612__00093  スプリングバレーまでの道沿いの駐車場で一旦車を停めると,ノジコやジュウイチ,ウグイスのさえずりが聞こえてきました。ノジコはすぐ近くでさえずっていましたが,もたもたしている間に飛んでしまいました。スプリングバレー付近ではツツドリの声もしました。ミズバショウ園付近でホトトギスとカッコウの鳴き声も聞いたので,カッコウ類4種全部そろったことになります。泉ケ岳はこの時期いつも4種揃い踏みで声を聞くことができます。ほかにこのようなフィールドはあまりないのではないでしょうか。スプリングバレーではノジコのようなさえずり方をするホオジロ(写真)がいて惑わされました。きょうはヒバリの声は聞こえませんでした。

sp_050612__0753  林道を下って朴沢に行ったのはもう夕方です。途中の渓流を覗いたら,ここにもミヤマカワトンボがいました。朴沢ではヒガシカワトンボが多数観察できました。きのう蕪栗で大量に飛んでいたヒメウラナミジャノメも観察できました。ハルジョオンの花にはコアオハナムグリやハチハナアブの仲間(写真,キタヒメヒラタアブ?)が来ていました。家から30分程度でも,このように1日では回りきれないほど豊かなフィールドがあるのですが,やはり遠征もやめられません。

【観察できた鳥】

ヒヨドリ,ハシブトガラス,スズメ,イワツバメ,ノジコ,ウグイス,ホオジロ,サンコウチョウ,メジロ,ヤマガラ,コゲラ,ヤブサメ,キジバト,アカゲラ,イカル,カケス,ハクセキレイ,モズ,オオルリ,シジュウカラ,ホトトギス,アオジ,カッコウ,キジ,キセキレイ,ジュウイチ,キビタキ,ツツドリ,カワセミ (29種)

【写真】(左上からウスバシロチョウ×3,ヒガシカワトンボ×3,クルマバッタ幼虫,コサナエ,コミスジ,シジミチョウの仲間,ガの仲間の幼虫,ダイミョウセセリ,テントウムシの仲間,ハムシの仲間,ハンミョウの仲間,ヒメウラナミジャノメ,ミヤマカワトンボ×2)

_050612__0061 _050612__0377 _050612__0441 sp_050612__0254 sp_050612__00133 sp_050612__0715 _050612__0084 _050612__0553 _050612__0023 sp_050612__0718 sp_050612__0445 _050612__0046 sp_050612__0636 _050612__0060 _050612__0491 _050612__0694 _050612__340 _050612__00103

« 蕪栗 2005/06/11 | トップページ | 広瀬川 2005/06/18 »

0505 宮城県/泉ケ岳」カテゴリの記事

コメント

おぉ、平日の泉ヶ岳?かと思ったら、アップされた日で、行かれたのは日曜だったのですね。
日曜は、支部に早朝探鳥会がありました。行こうかと起きかけたのですが、霧雨だったため、また寝てしまいました。結果を聞いたら、トンネルから先は霧雨もなく、観察種類もなかなかだったとか。めげずに行くんだったなぁ

(PS)
今、窓の外からイソヒヨドリの鳴き声がします。

投稿: まぐぴ | 2005/06/16 05:21

支部の予定を今見ました。泉ケ岳探鳥会だったんですね。
なかなかだったということですが,私が行ったのはお昼過ぎなのでパッとしなかったです。やはり鳥は早朝ですね。探鳥会だと人の目が多いしベテランさんもいるので多くの種類が観察できますよね。

投稿: yamame | 2005/06/16 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉ケ岳 2005/06/12:

« 蕪栗 2005/06/11 | トップページ | 広瀬川 2005/06/18 »