« 十和田 2005/06/04-05 | トップページ | 泉ケ岳 2005/06/12 »

2005/06/13

蕪栗 2005/06/11

07:40- 小雨後曇り

_050611__00126  「沼アジサシ」を期待して蕪栗・伊豆沼方面に出かけました。まずは蒲生に寄ろうかと家を出ましたが,中途半端な雨が止みそうになかったので,時間を稼ぐため蕪栗に行くことにしました。久しぶりの近場です。CDを楽しむ間もなくすぐに着いてしまいました。

 こちらでも小雨が降っています。まずは車から鳥見です。電線にオオヨリキリ,ホオアカ,モズが止まっています。雨が振っている中,ウグイス(写真)が藪の中ではなく枝に止まってさえずっています。濡れながらも一所懸命にさえずっていました。しばらく見ているとカツンッと車のアンテナから音がしました。そっと下から覗くとモズのお尻が見えました。写真にバッチリ撮ったのですが,間違えて削除したようです。残念。

_050611__00341  さて,ようやく雨が上がったので,白鳥地区から蕪栗沼にかけて歩きました。白鳥地区には全然水がありません。ヒバリが上がっているほどです。チョウはヒメウラナミジャノメがあちらこちらにたくさんいます。ちっちゃな体でリズムカルに飛び回っています。また,沼側の桑の木できれいなコムラサキと出会うことができました。去年秋にボロボロの個体とあった場所と同じです。上に止まっていたので,後で見たらモスラのような写真が撮れていました。沼にはコガモがまだいました。越夏するのでしょうか。♂はまだきれいな色です。沼の対岸にはカルガモ親子も見えました。

_050611__0305  歩道沿いではモズがけたたましくうるさいほどに鳴いています。人をあまり恐れないようです。よく見ると巣立ち雛のようです。2~3羽いました。あちらこちらで出会いました。チョウでは,ウラギンヒョウモン,モンシロチョウが出てきました。ヒョウモンチョウの仲間は今季初です。出初めだけあってとってもきれいな個体です。オレンジを帯びた黄色い羽が周りの緑から浮き上がって燐光を発しているかのようです。ムラサキツメクサが好きなようでこの花に来ていました。この仲間はアザミも好きなようでこの色に反応するようです。モンシロチョウは黄色い花に集まっていました。

_050611__00137  鳥もそこそこにチョウや虫と遊んでいたら,Aさんと偶然お会いしました。県内を歩いているとこの方とよく遭遇します。行動パターンが似ているかもしれません。やはり沼アジサシ狙いだったようです。伊豆沼にも行かれたようですが,いなかったようです。残念。その後,周辺を再び車で徘徊し,間近なホオアカを楽しんだりしている間に,何と時計はもう3時半。お昼を食べるのもタイミングがずれてしまいました。蒲生に行くのはもう諦めざるを得ませんが,まだ伊豆沼をひと回りする時間はありそうです。

_050611__00192  さて,伊豆沼です。居残りのカモやガン,ハクチョウがいるので,種類にカウントするのをためらいましたが,アヒルと思われるマガモを除いて全部計上してしまいました。ヒシクイは去年も越夏した個体がまだいました。飛べないかと思っていたのですが,飛んできたのでビックリです。ここでもカルガモ親子に遭遇しました。子ガモを数えると9羽いました。遠かったですが,ぎりぎりでしたが何とか撮影できる距離でした。イトトンボは少数確認できましたが,そのほかのトンボ類はまだ出ていないようでした。伊豆沼,内沼方面は急ぎ足での巡回でした。

_050611__0471  ところで,運良くキジバトがさえずっている場面に遭遇できました。最近鳥が囀っているときの口の開け方に興味があったのですが,キジバトは口をほとんど開けずに喉・胸で声を共鳴させているようでした。カッコウ類のツツドリ,カッコウもこの系統のような気がします。同じカッコウ類でもホトトギス,ジュウイチは目一杯口を開けてさえずっているような気がします。どうなんでしょう? 興味を持ったきっかけはキビタキが喉・胸を膨らませて口を閉じている場面を撮影してからでした。鳥の世界は深いです。

【観察できた鳥】

ハシボソガラス,スズメ,ハシブトガラス,カワラヒワ,オオヨシキリ,ホオアカ,ヒバリ,トビ,カッコウ,キジ,モズ,ウグイス,ササゴイ,ムクドリ,キジバト,ハクセキレイ,ツバメ,カルガモ,ダイサギ,チュウサギ,コガモ,カイツブリ,アオサギ,コヨシキリ,ツグミsp,オナガ,アオジ,ケリ,ヒドリガモ,オナガガモ,ヒシクイ,ヒヨドリ,シジュウカラ,マガン,オオハクチョウ,コハクチョウ (36種)

【写真】(左上から,アオサギ,ウラギンヒョウモン,オオヨシキリ,カノコガ?,キジ,コガモ,コチドリ,コムラサキ×2,ササゴイ,テントウムシ幼虫,アカトンボsp,ヒダリマキマイマイ,ヒメウラナミジャノメ×2,ホオアカ,モズ,モンシロチョウ,etc)

_050611__00165 _050611__0272 _050611__00325 _050611__0123 _050611__00172 _050611__00625 _050611__0507 _050611__00358 _050611__00064 _050611__00150 _050611__0059 _050611__0328 _050611__0130

_050611__0040_050611__0077 _050611__00123 _050611__00624 _050611__0322 _050611__00003 _050611__0115 _050611__0136

« 十和田 2005/06/04-05 | トップページ | 泉ケ岳 2005/06/12 »

0502 宮城県/蕪栗」カテゴリの記事

コメント

毎度、アクティブですね...(^○^)

「居残りのカモやガン,ハクチョウ」、特にカモ類は、繁殖しても不思議はなさそうな気がしますが、挙動?♀の姿は、如何でしたか?
住み良いから、越夏しちゃうということはないのかな?

投稿: まぐぴ | 2005/06/14 05:05

そうですね。繁殖もありうるかもしれませんね。でも,見た限りは今年はなさそうです。ヒシクイは1羽だけ,マガンは4羽いましたが,船着場付近をガチョウのように群れていました。白鳥は内沼で餌をねだっていました。こちらは怪我ハクチョウがほとんどのようでした。繁殖するとすればハクチョウが一番確率が高いかも。

投稿: yamame | 2005/06/14 06:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105385/4542121

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪栗 2005/06/11:

» 琴平の野鳥II~鶯(ウグイス)~ [TDAI feat. FZ1]
季節外れかもしれませんが、ウグイスの写真です。英名Japanese Bush B [続きを読む]

受信: 2005/06/18 08:45

« 十和田 2005/06/04-05 | トップページ | 泉ケ岳 2005/06/12 »